CFDとは?CFDの概要とサービス比較を初心者にも分かりやすく解説します

CFDとは?CFD取引の概要と特徴

CFDとは、なんだ!?

CFD取引とは
FXの要領で世界中のあらゆる銘柄を取引できる新世代の金融商品です。

CFD取引の概要と特徴

日本株、海外株、インデックス(指数)に為替、さらには金やプラチナ、原油といったコモディティ(商品)まで、世界中のあらゆる銘柄をFXと同様の「証拠金取引」で行える比較的新しい金融商品、それがCFD取引です。

FX(外国為替証拠金取引)全盛の日本ではまだあまり馴染みが無い言葉ですがこのCFDを取り扱う業者も急速に増加中で、「ポストFX」や「次世代FX」などと言われたりしています。
近い将来、個人投資家のCFD取引はますます盛んになることが予想されます。
その理由は

  • ミニ株やFXなど、少ない資金で取引が行える商品が人気である。
  • 原油価格の乱高下や資源価格の高騰などにより、株式や為替以外の金融商品が注目されつつある。
  • サブプライムショック以降の混乱相場では買いと売りをフレキシブルにこなせる取引が有利。

この全てを兼ね備えているのがCFD取引だからです。

少額資金で取引できる仕組み

CFDとは Contract For Difference の略語です。
日本語では「差金決済取引」と訳されます。

FXをご存知の方ならお馴染みだと思いますが、差金決済取引とは売買した金額そのものではなく売買の差額のみをやりとりする手法です。

簡単な取引例

仮にある銘柄を10万円で買い、11万円で売ったとします。
現物株式の場合ならば買い付けの時点で証券会社に10万円を払い、その株が値上がりして11万円になった時点で売ることによって11万円を受け取り、その差が投資家の利益となります。

一方差金決済取引の場合、10万円で購入してもその10万円を注文と同時に支払うわけではありません。その後の決済売りを行った時点で買い付け額との差額が確定し、その差(上記例でいうと)1万円のみを投資家が受け取る仕組みになっています。
※実際に手元に10万円が無くても注文が出せる。その注文を出すための担保が「証拠金」。

つまりCFDとは

上記の例でなんとなくイメージが掴めたでしょうか?
FXをご存知の方なら、同様の仕組みであるという事がお分かり頂けたかと思います。
いうなればFXとは、CFD取引の中で「為替」という商品を扱っていたと言えます。

後段で解説するようにCFD口座を開設すると様々な商品が取り扱い可能になりますが(取扱業者によって内容は異なる)、株式や債券などに並んで為替も含まれています。
様々な商品を1つの口座で管理できるというのも大変大きなメリットです。

FX・CFD高性能取引ツール  毎日相場に張り付いて、あなたは利益を出せてますか?
毎日60分で目標3万円!
限られた時間でサラリーマンでもできる有効な投資テクニックを、元証券ディーラーが完全公開。

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional